独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

秋の東山動物園(4)幸せの青い鳥

皆さまご機嫌よう。
来月あたりにまた東山動植物園に行くことになりそうな管理人です。早速リベンジ(謎)の機会に恵まれそうです。

さて、本日は「小鳥とリスの森」特集です。

ヤギに追われてこども動物園を出た私は、目の前に「小鳥とリスの森」と書かれた建物を発見。もしかしたらこども動物園の一部という扱いなのかな?よくわからんけど。ともかく迷いこんでみることに。

入ってみると、中は温室になっていて、どうやら小鳥とリスが放し飼いされているようです。

南天の実

真っ赤に熟れた南天の実。きれいに色づいて、可愛らしいですね。

でも、小鳥とリスはどこにいるんだろう?辺りはシーンと静まりかえっていて、生き物の気配すらしないけど…。

警戒しているのだろうと推測して、じっと潜むこと数分。

ニホンリス

ん!?何か通ってった???

ニホンリス

うおーーーーリスいたああああ!っていうかこれ何リス?

ニホンリス

調べてみたところ、ニホンリスという種類だそうです。エゾリスに似てますね。

ニホンリス

このリスがもう、動きが速いのなんの。ガサッと音がしたと思ったらもういないんだもの!おかげでピンボケ写真を量産してしまったよ(笑)

ニホンリスお尻

でもお尻はこの通り。ふふ、しっぽまできれいに撮れました。動物のお尻をつけ狙う、お尻写真家とは私のことです。

さて、この後、私にとってちょっとした事件が起こりました。

リス撮影に夢中になっている時、ふと足元を見ると何かが私の足の間にいたのです。

え?

思わず後ずさりしたら逃げてしまったので写真は撮り損ねましたが、どうやら小さな小鳥のよう。

その小鳥を追ってみると…

ルリビタキ背中

!!!
こっ、こっ、この美しい青色はもしかして…!?

ルリビタキ

ルリビタキーーーーーー!!!!

ルリビタキは一番好きな鳥。特にこの青い羽を持つ2歳以上のオスを、一度この目で見てみたいと切望していたのです。

※青色の羽を持つのは2歳以上のオスで、メスと若いオスの羽はオリーブ色です。

ルリビタキ

初めて見るルリビタキは、想像していたよりも小さく、可憐でした。

ルリビタキ

か、可愛い…!

ルリビタキ・アップ

そんな目をして私を見ないで。壊れてしまいそう(←壊れてます)

ルリビタキ

ここで見られるなんて思ってなかった。こんなに近くにいたなんて知らなかった。そういう意味でも本当に「青い鳥」だね。

出てきてくれてありがとう〜〜〜!

ルリビタキ

興奮ついでにアップにもしてみました。カワユス(//∇//)

思ってもみなかった、まさかまさかの嬉しい出会い。私にとってはちょっとした事件でした。

正直ここで帰ってもいいかなーと思うくらいでしたが(笑)、北園エリアにも見たい動物がいるし、何よりこの日は紅葉真っ盛り!植物園にもちょっと寄りたいよね。

ということで、後ろ髪を引かれつつ小鳥とリスの森を後にしました。

ルリビタキ、また会いたいな♪