独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

慶熙大1週間@5日目

5日目は、授業中に撮った白板の写真から。

授業風景

先生は書くのも早けりゃ消すのも早い!板書が間に合わず、先生に写メらせてくださ〜〜〜い!!とお願いしてパシャリ。

こういう時、気軽く「OK~♪」と撮らせてくれるのは韓国ならではのノリなのでしょうか。それとも最近は日本の学校でもこうなのかな?BBAわかりません。

教科書はこれ。

教科書

듣끼(聞き取り)と말하기(会話)の1級の教科書です。授業ではこの教科書の中〜終わりがけを勉強しました。写真奥が듣끼(聞き取り)で手前が말하기(会話)です。

慶熙大中庭

この日も中庭でランチ。学校近くのパン屋さんで買ったサンドウィッチを食べました。慶熙大の中庭は広くて大変美しいので、食事が数倍美味しく感じます。

さて、この日の文化体験はまたもトウミとの言語交流会。気が重いなぁ…と思っていたら、他グループのクラスメイトから「あるトウミからの要望でチームチェンジすることになったらしい」との情報が。わおーもしかして全チームチェンジするの?

嬉 し い ・゜゚・:.。..。.:*☆

期待に胸弾ませ教室に行ったけれど、私のチームは変更なく…。どうも要望を出したトウミのチームだけトウミの交代があったようです。ガッカリ。

仕方がないので、「前は初対面だったし、年上ってことで向こうも馴染めなかっただけかもしれない」と思うことにして言語交流会に臨みました。

が、結果は惨憺たるもので。

この日の交流会は外出自由だったので私たちのチームも校外へ出たのですが、トウミとAさんは他の日にも何度か会っていたそうで親しくなっており、2人にしかわからない会話のオンパレード。

何度か会話に加わろうと試みたけれど、Aさんとだけ話したいトウミに阻まれことごとく失敗。私としてはAさんに話しかけるしかないものだからAさんに話を振ってたんだけど、そうするとトウミが話を遮ってAさんに話しかけるーの繰り返し。

気づけばトウミとAさんを取り合うという奇天烈な図式に。

Aさんもなんとなく困り顔…。

最終的には、トウミが持ってきた本を私に隠すようにしてAさんにだけ見せるという暴挙に出たため、もう加わるのを諦めました。なんだそれ。子供か!

まぁ、同世代で話したかったのでしょう。私は無言の行だと思って耐え…

…ることはせず、体調不良を理由に教室に帰っちゃった!どうにもいたたまれず…。というかムカついて。もう知らんわー帰ったるわーと(笑)

それに、私は韓国語の勉強がしたくてここに来ていて、この時間にもお金を払っているわけです。それなのに何も話さないのは時間とお金の無駄ですもん。会話は全部日本語でしたしね。

教室に帰ると仲良しのクラスメイトがいたので、事情を話して仲間に入れてもらいました。このチームのトウミは20代前半の男性。明るく真面目で親切な学生でした。

私のトウミとは大違い。

韓国語のちょっとした疑問にも丁寧に答えてくれたし、あるお土産を探していると話したら、友達に電話してまで売っている店を探してくれたりして。

他にも、韓国の大学生の生活や韓国社会の実情についてなど真面目な話も沢山聞かせてもらい、本当に楽しかったし、勉強になりました。仲間に入れてくれたクラスメイトとトウミに心から感謝です。

そしてそして、この日の夕食は…

カンジャンケジャン

カンジャンケジャン!!
日本語でワタリガニの醤油漬です。クラスメイトに連れて行ってもらいました。ご飯と沢山のナムル(おかわり自由)とケランチム(写真左下)、緑色のチヂミ(写真右下)がついて1人前33,000ウォン。当時のレートで3000円くらい。

カンジャンケジャンは日本の有名店で食べたことがあるけど、高いのに生臭くって美味しくない…という印象でした。なので、本場とは言えそんなに期待できないだろうな〜なんて思ってたんですが…。

なにこれ、めちゃめちゃ美味しい〜♪♪♪

生臭さもないし、ご飯を混ぜるとこれまた絶品!一口食べるごとに幸せを感じる〜。ケランチムとチヂミも美味しい!すっかり好物の一つになりました。来年もまた食べたいな♪

お店はこちら。少しだけ日本語が通じます。日本語のメニューがあるので、韓国語が話せなくても大丈夫です。

www.konest.com

夕食後はソウル駅のロッテマートへ行ったり、東大門のショピングビル街をうろついたりして、ホテルに戻ったのは23時過ぎ。

東大門は夜いつまでも明るくて人が沢山いるから、時間の観念がなくなって帰るのが遅くなっちゃうんですよね。いかんいかん。

急いでシャワー浴びて、居眠りしながら予習復習して就寝しました。