独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

富士山と桜を求めて(1)ゆい桜えび館と岩本山公園で至福の時

先週、またまたバスツアーに参加して富士山を見に行ってきました。

短時間で何か所も巡りたい時にバスツアーはとっても便利ですね。公共交通機関では行けない場所にも行けるところも◎。

そしてバスの中で爆睡する管理人には、目覚めたら目的地っていうのがめちゃ楽チン!(・∀・)

移動時間が長くなると腰が痛くなるのと、一つの観光スポットにいられる時間が短いことが難点ですが、これからも魅力的なツアーがあればどんどん参加したいと思っています。

さて、今回のバスツアーの目的は、岩本山公園・龍厳淵・富士山本宮浅間大社の3か所で富士山と桜を見ることです!

富士山、てっぺんまでキレイに見られるといいな。今の時期は春霞がかかって富士山が隠れてしまう日が多いので心配です。ドキドキ。

天候と服装

天気と気温

晴れ
最高気温14.2℃ / 最低気温2.4℃
この日の静岡は少し肌寒かったけれど、すっきりした晴天で風も緩やかなお花見日和でした。

服装

中綿入りスポーツジャケット、薄手の山用フリース、長袖Tシャツ、ジーンズ、トレッキングシューズ(コロンビア)

少し厚着かな?と思ったんですが、1日を通してひんやりしていたので丁度良かったです。屋外でスポーツジャケットを脱ぐことはありませんでした。

ゆい桜えび館

本日の行程は、まず静岡市清水区にあるゆい桜えび館へ向かい、そこで昼食とのこと。

特にすることもないのでバス発車と共に睡眠タイム。おやすみなさいzzz

と、名古屋を出発して1時間ほどでしょうか。バスのあちこちから上がる歓喜の声に目を覚ますと、目の前に富士山が!

バスの中から見えた富士山

多少雲はあるものの、山頂から裾野の方まで見渡せます。宝永山もあんなにはっきり!う、嬉しい〜!

建物の切れ間から見えたり隠れたり。時に顔だけチラリ、時に優雅に裾野を広げる富士山に、管理人の心はもう恋の予感。

ゆい桜えび館

ゆい桜えび館に到着。削りぶしの製造見学直売所&お食事処です。

昼食

昼食の赤富士寿司膳。

白米の周りにカリカリの揚げ桜えびと揚げしらすが配されています。そこに白い器に入ったゆでしらすと生桜えびを自分で好きなだけ盛り付け、醤油をかけて食べます。

さすが新鮮で美味しかったです。

でも管理人が最も気に入ったのは、黄色い器に入っている桜でんぶ!

これは市販の桜でんぶではなく、桜えび館の手作りだそう。市販の桜でんぶより甘く、少し塩味も効いていて飽きない美味しさでした。

お土産に買って帰りたかったけど、透明のパックにラップ等されずに入っていて持ち帰りにくかったので断念しました。心残りじゃ〜。

由比宿の看板

駐車場で由比宿の案内板を発見。ヘェ〜。ちょっと行ってみよ。

飯田八幡宮

時間がなかったので、桜えび館すぐそばの飯田八幡宮の鳥居だけ見てきました。

飯田八幡宮は歌川広重の「東海道五拾三次 由井」にも描かれている神社なんだそう。へぇ〜!中まで行ってみたかったなぁ。残念。

ゆい桜えび館の所在地など

静岡県静岡市清水区由比673-1
TEL:054-375-2010
web:ゆい桜えび館

岩本山公園

昼食後は、岩本山公園へ。標高193mの岩本山山頂にある公園です。桜や梅、シャクナゲなど四季折々の花が咲く、富士市の観光ビュースポットです。

岩本山公園の桜

大きな桜たちが出迎えてくれます。

岩本山公園の桜と富士山

展望台に上がると、富士山!きれいだなぁ。

岩本山公園

桜の根元では芝桜も満開でした。

芝桜

小さくて可愛いね。

岩本山公園の桜

ふんわり桜。サクラサク。

岩本山公園の桜

こんにちは。こういうところから咲いてる桜、なんだか好き。

岩本山公園の桜

岩本山公園の桜

岩本山公園の桜

青い空に桜の薄桃色が映えて、眼福の一言。

岩本山公園の桜

富士山も桜も本当にきれいで、もうね、「きれい」しか出てこないの。それ以外の言葉を忘れちゃったみたいに。

こんなにも美しい景色が見られて幸せです。

岩本山にはトレッキングコースもあるようなので、いつかまた桜の咲く頃に行ってみたいな(o^^o)

所在地など

〒416-0901 静岡県富士市岩本花木立1605
TEL:0545-55-3553(富士市振興公社公園事業課)
web:富士市公式サイト内:岩本山公園