独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

女ひとり旅の記録を綴っています。国内一人旅。たまに海外も一人旅。40代独女の旅ブログ。

女ひとり旅の記録。国内一人旅。たまに海外も一人旅。40代独女のひとり旅ブログ。

旅の装備|軽量で多機能なマムート T エナジー ミッド GTX

1足目のトレッキングシューズが足に合わず山で使うのは厳しかったので、2足目を買いました。

無事に山デビューを果たしたあと旅先での悪路も経験したのでレビューします。

私の足のサイズ

右:足長24.0cm (足囲 21.3cm)
左:足長 23.7cm(足囲20.8cm)
ワイズ:A
形:ギリシャ型(但し左はちょっとスクエア型っぽいです。左右差があって超悩ましい!)

幅狭甲薄で合う靴がなかなかありません。靴選びは苦労しています。
普段の靴は、パンプスは23.5cm、スニーカーは24cmを買うことが多いです。

マムート T エナジー ミッド GTX ウィメンズ

Mammut T Aenergy Mid GTX Women
色:black whisper
サイズ:UK5.5(CM24.0 マムート公式サイトより)
重さ:360g(片足・実測)

マムートTエナジーミッドGTX

ミドルカットのトレッキングシューズです。
管理人はハードな山には行かないのと、旅行にも履いて行きたいので、軽くてソールが柔らかいシューズを選びました。

サイズ測定してオススメされたのは、1足目よりワンサイズ小さいUK5.5。1足目で問題だった横幅と踵は、厚手の靴下を履くとちょうどいい感じ。足全体にフィットしている感じです。

インソールはホシノのB+LDに変更。

履き心地

軽量でソールが柔らかいので、履いていて負担にならないところが良かったです。1足目では靴の重みで足が重く感じて足上げがツラいと思うことがあったのですが、そうしたことはなくなりました。

また、ミドルカットなので足首もほどよくホールドしてくれます。靴紐も締めやすく、初心者でも扱いやすいと思いました。

足幅はやや広めな印象です。

防水性

さすがゴアテックス。まったく問題なし。バッチリです。

耐久性

若干ソールが減りやすいように思います。柔らかいからでしょうか。めちゃめちゃに履きこんでいる1足目のコロンビアより、さほど履いていないこちらの方がソールが減っています。どちらもビブラムソールなので、マムートの方がソールが減りやすいのかな?と感じています。

蒸れ

暑い時期でも蒸れは気になりませんでした。

総合

マムート T エナジー GTXの特徴は、なんといっても軽量でソールが柔らかいことではないでしょうか。

そのため、山はもちろん舗装道路でも足が疲れないので、近場の低山ハイクなら家から履いて出掛けられます。これは電車移動の管理人には嬉しい点です。登山靴持って移動するのって大変ですからね。

また、グリップもよく、足首もほどよくホールドしてくれるので、旅行やハイキングから低山登山までカバーできます。

気になる点としては、若干ソールが減りやすい印象なこと。ただ、張り替え可能なので、足に合えば長く使える一足だと思います。

現在の状態(2021-03-19)

何度か山で履いてみた結果、下りでは靴紐の調整が少しでも緩いと両足とも小指が当たって痛むことが判りました。靴紐の調整が上手くいった時は小指の当たりはなく快適に歩けるのですが、かなりシビアな調整が必要です。

長い下山の途中でシビアな調整は難しく、小指の爪が真っ黒になってしまったことも。それを機に山で履くことはなくなりました。

薄手の靴下で確認してみたところ平坦な場所でも小指の先が当たっているので、もしかしたらサイズが小さかったかもしれません。シューズ選びは難しいですね。