独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

ポインセチアの育て方:私的メモ

昨日のお散歩は4000歩。 結構歩いたつもりでも歩数は意外と伸びてなくてビックリする。「えーっ!あんなに歩いたのに!?」って。

1日6000歩を目標にしてるのだけど、お散歩だけで達成しようと思うとなかなか大変だ。たかが6000歩、されど6000歩。

さて、この赤い花はポインセチア。別名はクリスマスフラワー。

ポインセチア

近くの花屋で安売りしてたの、思わず買ってしまった。

私は花をすぐに枯らしてしまう「ブラウンサム」なので躊躇したけど、「安売り!今日まで!!」のポップに負けた。

今度こそ無事に育ててみせる…つもり。あまりに自信がなくて「!」が付けられないw

ポインセチアの育て方をいろいろ調べてみたら、意外と冬の寒さに弱いことがわかりました。冬の観葉植物だから寒さに強いとばかり思ってました。びっくり!

それに葉の色も様々あるんですね。赤と緑しか知りませんでしたが、ピンクや紫もあるようです。ピンクのポインセチア、見てみたいなぁ。

今回調べたことを自分のメモ兼ねて書いておきますね。

ポインセチアの特徴

  • メキシコ原産の常緑低木
  • 耐寒性:なし
  • 観賞期間:11月~2月
  • 葉色:赤、ピンク、白、緑、黄、紫など

ポインセチアの置き場所

  • ポインセチアは寒さに弱く日なたを好むため、窓辺など日当たりの良い場所に置く。
  • 但し、冬の窓辺は日が沈むと急激に冷え込むので注意。(10℃を下回ると葉が落ちる)
  • 7~8月は明るい半日陰で、風通しのよい場所に置く。

ポインセチアの水やりの仕方

基本

土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいに水やりをする。

冬(鑑賞期)

水やりを控えめにし、土をやや乾かし気味にしする。
葉の傷みを防ぐために時々葉水を与える。

春~夏(生育期)

状態を見ながら、朝の水やりだけでは足りないようなら夕方にも水やりする。

注意点

鉢受け皿に水が溜まっていると根腐れを起こすので、溜まった水はちゃんと捨てる。