独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

ひょうたんを買いに行くー養老の滝@2014

お伊勢参りはちょっと休憩して日帰り旅行記です。
2014年12月28日に日帰りで岐阜県は養老の滝へ行ってきました。

何をしに?

ひょうたんを買いに!

TVか何かで開運にひょうたんがいいと聞いて、その頃ちょうど夢中で読んでいた小説にもひょうたんがひたすら出てきたりしてた(万城目学氏の「とっぴんぱらりの風太郎」です。面白かった。イラストもかっこよかった)ので、なんだか妙にひょうたんが欲しくなってしまい…。

調べてみると、どうやら養老公園の中に売っているお店がある!ちょっと頑張れば養老の滝も行けそう。養老の滝、そういえば行ったことないなぁ。よっしゃ行くか!

というわけで、隣県への日帰り旅行と相成りました。養老はひょうたんで有名のようですね。

養老の滝

養老駅を降りると、雪がちらほら残っていました。まず目指すは養老の滝。

養老神社

途中にある養老神社に寄って、ご挨拶と旅の無事を祈願。

養老神社は無人神社で社務所の場所もわからず。御朱印はやっていないようでした。下りは別の階段から降りたのですが、びっくりするほど急で、しかもツルツル滑る系の自然石の階段だったため怖かったです。落ちなくて良かった。

そうそう、途中に養老ロープウェーの案内板がありますが、私が行った時はやっていませんでした。

ロープウェー乗り場に向かうきつい上り道をハァハァ言いながら、「この、この坂道を登りきったらきっと私を救う馬車(ロープウェー)が待っていてくれる!!」と、それだけをモチベーションに必死に歩いたのに、やっと辿り着いたロープウェー乗り場は無残にも閉められていて…。

ゆみぞう
ゆみぞう

「冬季は営業しておりません」の貼り紙を見た時のあの衝撃といったらもう…。

恐らくどこかに休業中の貼り紙があったと思うのですが、それを見落とすほど必死に歩いたのです。

今HPを確認しましたら、2015年から老朽化により完全休業しているみたいですね。これから行かれる方はお気をつけください。うっかりロープウェー目指すと回り道になりますから。

さて、気を取り直して再び滝に向かって歩きます。

養老の滝

いくつかの小さな橋を渡り、ひたすら登り続けてやっと養老の滝の石碑に到着。おお、あれが養老の滝!ここまで来たからには滝壺まで行きましょう。

養老の滝

でも、滝壺まではまだまだありそうです。右手に見える階段に目眩を覚えつつ、勢いよく流れる水をしばらく眺めたら再び出発です。

滝つぼ

一心不乱に階段を上り、滝壺に到着!ここだけ強い風が吹いていて気持ちいい〜。けど、風と風に飛ばされた滝の水で髪がめちゃめちゃになりました(笑)

滝壺はそう広い場所ではなく、長居する場所でもないので、少し休憩したら元きた道を戻ってひょうたん屋さんに向かいます。

旅ノートによると、途中にある飲食店で養老うどんと養老団子を食べたようです。「うどんも団子も美味しかった!養老団子は団子自体に甘みがあり、醤油味が丁度良かった。余は満足じゃ」と書いてあります。

それなのにお店の名前が書かれていません。写真もないってどういうこと…。まぁ私のすることはこんなもんです。

ネットで探してみたところ、多分このお店→清水
この時のお客は私1人でしたが、行楽シーズンは行列のできるお店のようですね。

ひょうたん専門店:吉田商店

さて、お腹を満たした後はいよいよ本日のメインイベント、吉田商店へ。

吉田商店は、気さくで親切なご夫婦が営まれているひょうたん専門店です。

お話しが楽しくて思わぬ長居をしてしまいましたが、ひょうたん栽培や良いひょうたんの選び方など、貴重なお話しをたくさん聞かせて頂き楽しかったです。展示されていたひょうたんランプも可愛かったなぁ。うさぎさんはお元気でしょうか…。

こうして無事ひょうたんを入手し、帰路に就きました。近場だけどローカル線に乗ったりして小旅行気分を味わえました♪

駅から養老公園までの道も、養老公園内も、往路は基本的に上り坂です。ほぼ舗装道路なので歩きやすいですが、行かれる方は歩きなれたスニーカー等で行かれることをおススメします☆

ひょうたん

我が家のひょうたん。
大きいのは25cmくらい、小さいのは8cmくらいです。(フタ含まず)

買ったばかりの時は白っぽかったけれど、経年変化でアメ色になってきました。ヌメ革のエイジングに似てますね。

名古屋駅からのアクセス

JR名古屋駅(東海道本線)大垣駅にて養老鉄道大垣線・桑名行に乗り換え養老駅徒歩10分ほどで養老公園着(滝までは駅から徒歩1時間くらい)