独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

17日間の修行in北海道(11)知床峠と秋の足音

もう少し続く北海道記。本日は知床峠編です。

知床峠は、斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路(国道334号)の頂上。標高738mにある峠です。

人気のドライブコースですが、急カーブが続く上に野生動物(特に鹿)が飛び出してくるのでスピード注意です。

知床峠

後ろに見える山は羅臼岳。
知床峠の眺望スポットからは、雄壮な羅臼岳がこんなに近くで見られます。

知床峠から見た国後島

ガスガスで真っ白なことも多いけど、天気が良い日は見晴らし最高!遠くに国後島も見えます。

国後島をズーム

国後島をズームアップ!してみた。

紅葉しつつある羅臼岳

9月終わりの知床峠(から見た羅臼岳)。紅葉が始まっていました。黄色やオレンジに色づいてるの、わかるかなぁ?

9月半ばの羅臼岳

こちらは9月半ばの知床峠。比較用に載せてみました。天気や撮影場所は多少違いますが、上の写真と比べると木々がまだ青々としています。

知床峠の紅葉

秋色に染まりつつある木々たち。

羅臼の紅葉は黄色が多く、紅い葉はナナカマドくらいだとか。地元の方は「紅が少なくて地味なんだよ~」と仰っていましたが、十分きれいでしたよ♪

羅臼岳山頂

おまけ写真。羅臼岳の頂上。
2枚上の写真と同じ場所からズームしてみたものです。望遠135mmでこんなに撮れるんだ!と嬉しかったので載せてしまったw

開通期間

知床横断道路は冬期(11月上旬~4月下旬)は通行できません。今年2018年は10月23日から夜間通行止め、11月6日から全面通行止めが始まっています。

知床峠はもう白銀の世界なんですね。名古屋は初雪もまだですけど(^^;

規制に関する情報は、国道334号知床横断道路の除雪・開通状況(北海道開発局 釧路開発建設部)をご覧ください。

アクセス

アクセス方法は車かバイクか路線バスとなります。

徒歩でも行けなくはない…。ですが、水分補給とクマ対策は怠りなく~(^^;

徒歩旅の方

路線バスで、羅臼側からは「ウトロ」行、ウトロ側からは「ラウス」行に乗車し、知床峠で下車。

期間限定(6/9~10/8)で本数が少ないので、ご利用は超計画的に!

時刻表はこちら
阿寒バス時刻表

車やバイクの方

国道334号目指してGOです。

駐車場:バス12台、乗用車66台
トイレ:あり

知床雪壁ウォーク

年に一度、羅臼から知床峠頂上付近まで歩くイベントがあるのでご紹介しておきます。

春の知床横断道路開通の直前に開催されるイベントで、なんと雪壁の中を歩くことができるんです。楽しそう~!

知床雪壁ウォークイメージ図

写真がないのでイメージ図を描いてみました。ツッコミどころは脳内補完でよろしくお願いいたします。

少人数ではクマとの遭遇が怖くて歩く気になりませんが、イベントなら安心して歩けますね。人が多いとクマはあまり出てこないので。

知床峠まで歩いてみたい方は、こういったイベントに参加するのもアリですね!

詳しくは
web:知床羅臼観光案内所・イベントページ
お問合せ先:知床羅臼町観光協会 0153-87-3360