独旅ブログ(どくたびぶろぐ)

バス・電車・徒歩で行く、女一人旅の旅行記。その他諸々。

北海道・最果ての地、羅臼@2日目ー前編ー

人生初の北海道2日目は、いよいよ羅臼に到着です。 写真が多くなるので前編・後編に分けてお送りします

2日目の旅程

  • 8:10 斜里バスターミナルより、斜里バス「ウトロ行き」乗車
  • 9:05 ウトロ道の駅 下車
  • 道の駅でお買い物&知床世界遺産センター見学
  • 10:10 ウトロ温泉バスターミナルより、斜里バス「羅臼行き」乗車
  • 11:00 羅臼(終点)下車
  • 13:00 知床ネイチャークルーズでホエールウォッチ(2時間半くらい)
  • 民宿泊

天候と服装

天気と気温

斜里、ウトロは晴れ、羅臼は曇り
斜里、ウトロは15〜18℃くらい
羅臼は10℃前後

服装

夏用アンダー、長袖Tシャツ、ソフトシェルジャケット、トレッキングパンツ、トレッキングシューズ(マムート)

北海道はやはり寒かったです。 この頃の名古屋の気温は既に30℃近くなっていましたが、北海道は女満別で18℃、斜里は15°Cくらいでしたので、空港に降りた瞬間に肌寒さを感じました。

羅臼はもっと寒くて、この服装の上にレインジャケットを羽織ってちょうど良いくらい。ただ、汗っかきな私は歩き回っているうちに暑くなり、最終的にはレインジャケットなしで街をうろついてました(笑)

斜里~ウトロ

漢字では「宇登呂」と書きます。

斜里

朝、ホテルの窓からお天気確認。

今回の旅行は天気予報がず〜っと雨だったので心配でしたが、朝の斜里はまずまずな感じ。雲は厚いけど青空が見えてます。

あとは羅臼が晴れて…というより、羅臼の海が凪いでいてくれることを祈るのみ!波が高いとホエールウォッチの船が出ないのです。

ホテルのバイキングで軽く朝食を摂り、8:10発のウトロ行きのバスに乗車。羅臼へは、まずウトロへ行って、ウトロで羅臼行きのバスに乗り換えねばなりません。乗車時間は合計約2時間です。と、遠い(´Д`;)

さて、定刻通り発車したバスはウトロに向けて軽快に走ります。

真っ青な空!そして美しい海!!これはオホーツク海でしょうか。美しい〜!

知床の海

どれだけ見ても飽きません。ああ、入りたいなぁ。海が好きだ~。

オホーツク海?

道東の海がこんなに透明度高いなんて知らなかった。

海に見惚れているうちにウトロに到着。乗り継ぎのバス停は終点「ウトロ温泉バスターミナル」ですが、次のバスまで時間が結構あったので「道の駅うとろ・シリエトク」で途中下車しました。

寄り道先は、「道の駅うとろ」と「知床世界遺産センター」です。

道の駅うとろ・シリエトク

道の駅うとろ

整備された広い駐車場。トイレも広くてキレイでした。

道の駅うとろ

落ち着いたロッジ風?の内装。いろんな特産品を売っていました。帰りにも寄るので、この時は何も買わず。

web:道の駅うとろ・シリエトク

道の駅をぐるっと見て回った後は、隣接する「知床世界遺産センター」へ。

知床世界遺産センター

ヒグマやエゾジカの実物大の写真、鍵盤を押すと鳥の声が鳴るキーボードなどがあり、なかなか面白かったです。

中でも目を引いたのがコレ↓

オオワシ

オオワシの実物大のぬいぐるみ。羽を全部伸ばすと2m40cmもあるそう!

オオワシ

お顔が私の手の平くらいあります。近くで見るとお顔が可愛い♪

web:知床世界遺産センター

そうこうしているうちに時間となったので、「ウトロ温泉バスターミナル」から羅臼行きのバスに乗りこみました。「道の駅うとろ」から「ウトロ温泉バスターミナル」までは徒歩5分程度です。

後編へ続く。